Posted on and Updated on

ムダ毛が少ない人が羨ましい

私は毛深いほうです。

元々の眉毛も濃く、小学生になると気に掛かりだしました。

帰するところ小学生3年生くらいになると、友人と自らの差異に気づきだします。

眉毛の濃度や体毛の濃度も友人と比較して自らは濃いんだ…と気づき、物凄く気に掛かりだしたのは、とどのつまり小学3年生くらいだったと考えます。

実際私は40代半ばですが、おおかたどれほどの時を必要ない毛処理に費やしてきたでしょうか…。

フレッシュな頃に戻れるのなら、皮膚科やサロンでの永久脱毛をなるべくフレッシュな段階でやっている事でしょう。

でもその頃(10代のころ。

30年以上前)はまだ永久脱毛に必要になるコストも多額だったし、周囲の仲間でやったという話も皆無だったので、その頃の自身には永久脱毛という選択の余地はないのですでした。

現在は、永久脱毛も至って当たり前の事だし、技術も昔より発達しているだろうし何よりかなり安い費用で可能なご時世になりました。

でももう自身は40代半ば。

今更やっても…という想いの方が勝ってしまいます。

ママ友の何人かは、数年前に脱毛サロンに通ったりしていましたが、私は全くその心配になりませんでした。

私の脱毛テクニックは、40歳くらいまでは眉も体毛も脇も、総て「毛抜きで抜く!」でした。

脇や眉は本数が限定しれているのでそんなに時はかかりませんが、腕や足のスネは恐ろしく時がかかります。

現在まで毛抜きによる脱毛に費やした時はどれほどのものだろうか…?その時をほかの事に使っていたら…?と思い描くと、脱毛の不可欠のない体毛の薄い人や、フレッシュなうちに永久脱毛を済ませている人はいいなあと思ってしまいます。

数年前、我が家で可能な脱毛器を調達し、何回か使ったところ、そんなに毛抜きによる脱毛の必須がないくらい生えなくなり、現在相当気持ちが良いです。

中学生の娘には、なるべくフレッシュなうちに、サロンでの永久脱毛をさせてあげたいなと思っています。

それにより浮いた時を、有効に使ってもらいたいなと考えます。

ムダ毛について考える女性