Posted on and Updated on

美容液と美顔器について

美意識が高い女性
実際、29歳の女子です。

肌は敏感肌、とくに乾かすしやすく、化粧品によっては肌がかぶれたり、かゆくなったり、という事は普段茶飯事な私です。

そのような肌をしているため、自身のボディーの中ではなによりも肌がコンプレックスで、無意識のうちに肌の透明感漂うな人ばかり目でおってしまうほどです。

そのような私なので、肌がビューディフルな時はそんなになく、自身は如何なる肌にいい事をしたり、如何なる良い事をしたりしても、自身の肌が美麗になる事はない、と放棄していました。

そのような時、友人が、いい美容液と美顔器を見つけたのだと、教えてくれました。

私は、そのように勧められて使って見たけど合わなかった経験を何度もしていたので、半信半疑でした。

それ故、今度も半信半疑で、決して見込みはせずに、一度は使ってみる事にしました。

でも、見込みはしていないけど、心のどこかでは、今度こそ可愛いになりたい、という考えは持ち続けていました。

しかも、美容液を朝晩つかい、手のひらで充分に肌に入り込むように、「可愛いになれ?」という想いでお手入れをしました。

そのあと、美顔器も欠かさず、定期的続けました。

めんどくさがりやな私ですが、めんどくさいという心境より美しいになりたいという想いの方が勝ち、定期的続ける事ができました。

他にも一カ月ほどが経った頃、職場の先輩に、肌を褒められたのです!!肌を褒められるなんてなかったので、涙が出そうなくらい嬉しかったし、それ以来、常に美容液と美顔器を続けています。

素敵になりたいという放棄しない想いと、継続と、商品も大事なんだなとすごく体感した出来事でした!